J-POP



1 爆笑ゴリラ ★ :2022/11/23(水) 13:18:58.40ID:loeBmbMt9
2022.11.23 10:30

人気アーティスト・椎名林檎の雲隠れが、世間の失望を招いている。

「先日発表された『第73回NHK紅白歌合戦』の出場者に椎名の名前がなく、2014年から続いていた連続出場がストップ。
今年は『おじゃる丸』(NHK Eテレ)のエンディングテーマを歌うなど、選考基準であるNHKへの貢献度もバッチリだっただけに、落選は衝撃を呼びました」(芸能記者)

衝撃の落選とあって、ネット上には理由を探るさまざまな意見が飛び交うことに。
中でも見られるのは、〝ヘルプマーク事件〟によるイメージの悪さだ。

「椎名は10月7日にアルバムをリリースする予定だったのですが、購入特典グッズにヘルプマークと赤十字マークに酷似したデザインがあったとして批判が殺到。
18日には、販売元自らグッズデザイン変更とアルバム発売延期を発表し、翌月には『椎名林檎本人が参画・監修した制作物ではない』と言い訳しています」(同・記者)

ヘルプマークは義足や人工関節や難病、妊娠初期など、外見では判別が難しい援助や配慮を必要としている人が、交通機関や公共施設で〝援助が必要〟であることを知らせるマーク。

他方、〝持っていると席を譲ってもらえる〟という悪用のほか、歌舞伎町界隈でファッションアイテム化するなど、目的外利用が深刻な社会問題にもなっている。

知らぬ存ぜぬを押し通すための“辞退”か…

「この騒動はいわば、誰でもヘルプマークを所持し、悪用できる環境を作りかねなかった、大変に反社会的な行為。
特に赤十字マークは、ジュネーブ条約や『赤十字の標章及び名称等の使用の制限に関する法律』『商標法』などの法律によって使用が厳密に定められています。
しかし、これまで謝罪や説明を行ったのはレコード会社のみで、椎名自身は今に至るまで一切ノーコメントのダンマリを決め込んでいます」(芸能ジャーナリスト)

「紅白」落選でネットが荒れているのはこのため。
中には、落選そのものが辞退であり、その理由は〝ほとぼりが冷めるまでの雲隠れ〟ではとの厳しい意見も相次いでいる。

「椎名は2016年11月、山谷えり子氏らが出席した、自民党の『文化伝統調査会』で講演。2014年にはNHKのサッカーワールドカップテーマソングを手がけるなど、政権や公共放送に近付く体制側です。
ここまで大組織にすり寄っていたのに落選したのですから、ヘルプマーク事件はよほど心象が悪かったのでは」(メディアジャーナリスト)

『みんなの手話』『ハートネットTV』『バリバラ』など、Eテレで福祉番組を多く制作しているNHKだけに、今回の一件は看過できなかったのだろうか。

https://myjitsu.jp/archives/394355

(出典 NHKが椎名林檎を追い出した?『紅白』連続出場記録が途切れた理由 [爆笑ゴリラ★])


【『ヘルプマーク事件』でイメージ悪!!【椎名林檎】「紅白」連続出場ストップの理由は??】の続きを読む

HYBE初の日本ボーイズグループ【&TEAM】の
デビューEP「First Howling : ME」から
「Under the skin」のMVが公開された!!

&TEAM(エンティーム、英: andTEAM、朝: 앤팀)は日本の9人組男性アイドルグループ。オーディション番組『&AUDITION - The Howling -』から誕生した日本発のグローバルボーイズグループである。HYBE LABELS JAPAN所属。2022年9月3日結成、同年12月7日デビュー予定。…
16キロバイト (1,439 語) - 2022年11月19日 (土) 04:42

MVを観たみんなの感想!!
<<SNSの反応は??>>

はる
@and_team_K_hr

もう200万回超えてたのね‼︎すごい勢いだね🫣🤍&TEAM ‘Under the skin’ Official MV https://t.co/1VeroIejOP #andTEAM #FirstHowling_ME #Under_the_skin

2022-11-22 13:55:51

(出典 @and_team_K_hr)

桜木羽蘭🐖🐇ᕦ(ò_óˇ)🤟木曜発送
@hatoran

世界観暗すぎてわろてしまったのですがめっちゃhybe。あとこの子のビジュがよすぎる(ゆーま?) でもやっぱふーまが好きだよ…🥹&TEAM ‘Under the skin’ Official MV… https://t.co/Ou7PRo0sMg

2022-11-22 13:48:40

(出典 @hatoran)

🍒ぐー¹²⁷ 💣
@__eoy

じょ〜が良すぎて無理無理の無理&TEAM ‘Under the skin’ Official MV https://t.co/r4Bu0DXRxS @YouTube

2022-11-22 13:45:58

(出典 @__eoy)

トヌミン🍑
@enp_min0105

みんなかっこいいんだけども一言いわせて、EJのパート少なすぎやしませんか?&TEAM ‘Under the skin’ Official MV https://t.co/pJOoTqYHTF @YouTubeより

2022-11-22 13:44:41

(出典 @enp_min0105)

naOOO_pOngsu
@naO_pOngsu

めっちゃ良かったわ!&TEAM ‘Under the skin’ Official MV https://t.co/fYvUykit2r @YouTubeより

2022-11-22 13:38:17

(出典 @naO_pOngsu)

パイ美
@paimidekami

オオカミコンセプトだしめちゃくちゃ遠吠えする曲でデビューするかと思ったら普通に曲良くて涙流してる&TEAM ‘Under the skin’ Official MV https://t.co/gRkXj2mpW7 @YouTubeより

2022-11-22 13:37:18

(出典 @paimidekami)

ゆいね
@yuine_epn_128

まってまって&TEAMのMV見たんだけど、、めっちゃ良いな?!?!こんなコンセプトでくると思ってなかったし、坂口健太郎びっくりだし、なによりENHYPENとかI-LANDとかその他もろもろ込み上げてだいぶ泣きそうになった((こり… https://t.co/CKguZ4m6HS

2022-11-22 13:35:45

(出典 @yuine_epn_128)

ChikaLUNÉ🏷🏢
@chikaLUNE_TAG

209万…すごい勢いで延びてる勝手に心配してたオタクは泣いてる🥹プロデューサーのみなさんが命削っていい曲作ってくれたから、&TEAMのみんなが練習頑張って、かっこいいMV作ってくれたから、LUNÉのみんながスタートダッシュ頑張… https://t.co/tYoJK5mT70

2022-11-22 13:35:26

(出典 @chikaLUNE_TAG)

スティーブ(無色)
@stevemushoku

&TEAMのUnder the skinのMVに坂口健太郎さん出てる! 韓国のグループかなって思って見始めて、歌詞が日本語と英語だし、調べたらほぼ日本人のグループだった。世界的に超人気になりそう。坂口健太郎さんがアイドルグループの… https://t.co/BwxnUT71T8

2022-11-22 13:35:03

(出典 @stevemushoku)

𝕄𝕒𝕪𝕦
@JOouenshimasu

もう200万回!!!と言おうとしたらもう207万回だったーー!!!勢いスゴスギ✨✨✨まだまだがんばろーー💕#Under_the_skin #andTEAM #FirstHowling_ME&TEAM ‘Under t… https://t.co/IiHd1BOKEG

2022-11-22 13:31:33

(出典 @JOouenshimasu)

うさぎねこ
@0_0_o_o_u

やっと&TEAMに戻ってきましたー!初MVめっちゃかっこいい✨歌の繋ぎが神だし中盤のJOとKくんの水中手繋ぎ!疾走感ある曲調最高!バンタンの花様年華見てるみたいでさすがのストーリー職人HYBE!#andTEAM#UnderTheSkin

2022-11-22 13:29:44

(出典 @0_0_o_o_u)

soi
@ChrysocollaSnow

&TEAMのMVやっとみた。曲的には結構好きなんだけどドラマパートみたいなやつが入ったMVはどうしても何度も見る気にならないんだよな…タキ君出番少な目だったな…ニコラス君はなかなか目立っていた。

2022-11-22 13:23:31

(出典 @ChrysocollaSnow)

marimo
@bagzs81y11o3t6K

&TEAMのMVいい意味で思ってたのと違ったなぁ〜ファンタジー感もあり現実味もあって、1つのストーリーを見ているようだった😌✨Kくんドラマはどうですか?!演技挑戦してみませんか?笑それくらい感情があふれた作品だった💐

2022-11-22 13:18:27

(出典 @bagzs81y11o3t6K)

ai💜❤️
@aisaran1230

&TEAMのMVが花様年華だった😳

2022-11-22 13:17:08

(出典 @aisaran1230)

のり
@norikooz

&TEAMのデビュー曲良かった!MVも力入ってた~デビューが楽しみだねぇ

2022-11-22 13:08:56

(出典 @norikooz)

ぽん
@en_pon84

&TEAMのMVを友達に見せたら、感想が坂口健太郎じゃん!!!だった

2022-11-22 13:08:12

(出典 @en_pon84)

まみこ②⟭⟬⟬⟭
@ma_mi_co_2

&TEAM 'Under the skin’めちゃくちゃいいね!かっこいい!疾走感あり、デビュー曲らしく青春のヒリヒリした感じや切ない感じも込められいて、MVは多分アミならみんな好きなんじゃないかな?☺️っていう世界観!今後の活… https://t.co/2OT1tmYXOi

2022-11-22 13:06:42

(出典 @ma_mi_co_2)




1 愛の戦士 ★ :2022/11/21(月) 14:43:10.71ID:s/GLKQ769
ORICONNEWS 2022-11-21 13:36

アイドルグループ・ももいろクローバーZが21日、ABEMA『第6回 ももいろ歌合戦~50組以上の超豪華出場者と年越し8時間無料生放送~』記者会見に登場し、大みそかに〇〇で開催する同イベントの第一弾出演者を発表。今年10月に活動再開したSOPHIAのほか、湘南乃風、FANTASTICS from EXILE TRIBE、THE SUPER FRUITらの初出演が決まった。

 今年は東京・日本武道館で開催。
百田夏菜子は「一年の締めくくりということで、最後は笑顔で終われるような、そんな歌合戦にしたいなと思いますし、2023年に向けて勢いをつけられるようなイベントにしていきたい」と意気込みを語った。

 総合司会は東京03の飯塚悟志、応援団長は3年連続出演となる舘ひろしが務める。
番組はABEMAなどで生中継される。

 今年は東京・日本武道館で開催。百田夏菜子は「一年の締めくくりということで、最後は笑顔で終われるような、そんな歌合戦にしたいなと思いますし、2023年に向けて勢いをつけられるようなイベントにしていきたい」と意気込みを語った。

ADの後にコンテンツが続きます

 総合司会は東京03の飯塚悟志、応援団長は3年連続出演となる舘ひろしが務める。
番組はABEMAなどで生中継される。

■第6回『ももいろ歌合戦』 第一弾出演者 ※カッコ内は出演回数
Anna(2)
いぎなり東北産(2)
=LOVE(初)
石川柊太(4)
泉谷しげる(4)
五木ひろし(2)
Ukka(初)
ウマ娘 プリティーダービー(2)
オーイシマサヨン(3)
岡田将生(4)
オテンキ(初)
かが屋(初)
華原朋美(2)
氣志團(6)
サイプレス上野とロベルト吉野(6)
THE SUPER FRUIT(初)
さだまさし(6)

※続き全文はリンク先で
https://www.oricon.co.jp/news/2257506/full/

(出典 大みそか『ももいろ歌合戦』出演者発表 SOPHIA、湘南乃風ら初 五木ひろしも連続出場で豪華共演 [愛の戦士★])


【「こっちの方が面白そう」の声!!大みそか『ももいろ歌合戦』出演者発表 !!応援団長は3年連続『舘ひろし』www】の続きを読む



1 数の子 ★ :2022/11/21(月) 12:51:54.45ID:BKHrl9Ot9
11月16日、大みそか恒例『NHK紅白歌合戦』の出場者が発表された。
出場歌手をめぐってはさまざまな話題が上がったが、
そのひとつが米津玄師の不出場だ。

米津は2018年の第69回に初出場し、徳島県のスタジオから生中継で歌唱。
会場のNHKホールとも中継を結び、司会を務める『ウッチャンナンチャン』内村光良とやりとりも交わした。

しかし、ここでのやりとりは、今なお語り継がれるバツの悪いものとなってしまう。

「当時の米津はメディアに出ず、MVでも顔を隠し、神聖さを売りに活動していたため、内村は『米津くんが喋った!』とその意外性に驚きました。しかし、米津はこの小馬鹿にしたようなイジリに、後の雑誌インタビューで『いや、喋るだろうがっていう笑。珍獣のような扱いを受けてるのが本当に嫌なんですよ』と不快感を露わにしています」(音楽ジャーナリスト)

これがきっかけとなったのか、以降、米津は「紅白」に出場せず。
『シン・ウルトラマン』
『チェンソーマン』といったヒット作のタイアップがあった今年も出場しないため、
「米津くんが喋った事件」のミゾは決定的なものと見られることになった。


「今年の司会は3年連続で大泉洋。彼は芸風的に、内村よりさらに茶々を入れる、くだけた司会が予想されます。そうなれば、米津がまたイジられる可能性は高く、『因縁のあった内村じゃないなら出ても良い』とはならない。プライドの高さからして、絶対に許容できないでしょう」(前出・ジャーナリスト)

大泉が米津をイジる危険性は、芸風だけでなく、彼の〝バック〟にも由来するという。

「大泉の事務所はNHKと蜜月のため、調子に乗って非礼を働く危険性が高いのです。昨年の『紅白』は司会の大泉を筆頭に、審査員の清原果耶、白組トリの福山雅治、『Perfume』、星野源、『エレファントカシマシ』宮本浩次、まふまふとアミューズ所属ばかり。
世間ではジャニーズばかりと批判されていますが、よくよく見るとアミューズが支配している番組なのです。
大河ドラマ『晴天を衝け』の主演・吉沢亮もアミューズですし、
『おかえりモネ』『カムカムエヴリバディ』と朝ドラ主演も二期連続でアミューズ。
NHKとの癒着が目に余ります」(芸能記者)

NHK幹部と内村が揃って謝罪に出向かない限り、米津の紅白出場は二度とないかもしれない。

https://myjitsu.jp/archives/393358

(出典 【芸能】米津玄師『紅白歌合戦』にブチギレ中? ヒット連発も不出場が続く理由とは… [数の子★])


【「本当に嫌なんですよ・・」と不快感を露わに!!【米津玄師】『紅白』不出場の理由は??ウッチャンの「あの言葉」??】の続きを読む



1 muffin ★ :2022/11/18(金) 15:14:23.79ID:P03MqrYD9
https://toyokeizai.net/articles/-/633871

NHK「紅白歌合戦」巡って渦巻く強烈な不満の正体

11月16日、大みそかに放送される「第73回NHK紅白歌合戦」の出場者が発表され、現在も
ネット上にはさまざまな声が飛び交い続けています。

SNSへの書き込みだけでなく、ネットメディアも発表直後から記事を量産していますが、そのコメント欄は7~8割がネガティブな声で占められるなど、まさに大荒れ状態。
もちろん目当てのグループが出場するコアなファンたちは喜びの声を上げていますが、それ以外の人々は不満の声を漏らしています。

ネット上の声を拾っていくと、その内容は
「初出場10組の内訳がおかしい」
「○○の落選に納得できない」
「ジャニーズと韓国ばかり」などの出場者の顔ぶれに関するものが大半を占めていました。なかには、
「なぜ若者にこれほど媚びるのか」
「出場者が偏りすぎていて何かの意図を感じる」
「紅白歌合戦じゃなくて日韓歌合戦か」などの辛辣な声も少なくありません。

ツイッターには、「#紅白見ない」に加えて、「#NHK解体」「#NHKは不要」という
ハッシュタグでの厳しいコメントが続出。
つまり、「視聴者の不満は、紅白歌合戦の出場者に対するものにとどまらず、NHKそのものに及んでいる」ということでしょう。
人々は紅白歌合戦とNHKに、どんな不満を抱いているのでしょうか。

まず出場者の顔ぶれを見ると、確かにジャニーズ事務所が6組、韓国事務所系が5組の一大勢力を占める一方で、かつて紅白歌合戦を支えてきた演歌歌手は6組のみ。
さらに、工藤静香さんや篠原涼子さんが突然復活出場するなど、ファン以外の人々から見たら「なぜ?」と思ってしまうのも無理はない感があります。

今回、「発表直後からこれだけネガティブな声が飛び交っている」ということは、過半数が納得できるものではないのでしょう。
ただ、納得できない理由は出場者の顔ぶれだけではなく、そこに根深い問題が横たわっています。

「なぜこの人が選ばれたのか」と
「どういう基準で選んだのか」
「なぜこの人は選ばれなかったのか」と
「何が問題で選ばれなかったのか」
「誰にオファーしたのか」と
「誰にOKをもらえて、誰に断られたのか」
「追加出場はあるのか」と
「現在、誰に交渉中なのか」。

これらの説明が乏しいため、視聴者にしてみれば、「事後報告のように押しつけられている」という印象があるのでしょう。
何かと説明責任を求めがちな世の中に変わっているにもかかわらず、紅白歌合戦は選考の意図や交渉の過程がほとんど情報公開されません。

中略

実際、ネット上には「現在のような強引な受信料徴収を続けるのなら、出場者の選考は国民投票にすべき」という声も見られました。
民放各局の番組だけでなく、YouTubeなどのネット動画も含め、無料で見られる映像コンテンツが多い中、
「お金を払わせるのに、出場者まで押しつけるのはありえない」という意識があるのでしょう。
だから「出場者を見る目」は民放各局の音楽特番よりも厳しくなり、ここまで不満の声が飛び交ってしまうのです。

全文はソースをご覧ください

(出典 紅白の記事はコメント欄が「大荒れ状態」ネガティブな声が多くを占める「紅白歌合戦じゃなくて日韓歌合戦か」「お金を払わせるのに…」 [muffin★])


【案の定ネット上は大荒れ状態に・・・【紅白歌合戦】不満の声が飛び交う!!出場者の選考は国民投票にすべきか??】の続きを読む

このページのトップヘ